HOME   »  回想
Category | 回想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想11

不定期連載w回想11回目。一回目の治療回想の最終回です。
2009年1月下旬。動注4回目終了後は、だるさ吐き気ともひどく、体重も入院時に比べ-15Kg。
放射線治療も終盤に差し掛かり、口のなかの痛み、鼻血がひどい状態。
病院食はほとんど食べることができないほど、食欲は低下していた。

一連の治療が終了に近づき、入院時にあった左目付近の腫れは治まり、平常時と同じ状態にまでなっていた。
痛み止めのせいもあるだろうが、癌の痛みは感じなくなっていた。
代わって、放射線治療のためか、左目が乾燥しているような感じとなり、北海道の寒い寒いこの時期、外気に当たると目を開けていることなど不可能であり、顔の左半分が痺れるような感じであった。
退院も近づきつつあり、痛み止めの麻薬パッチも徐々に減量していっていた。
これがまた辛いというか、なかなかにキツイ・・。
麻薬系だけあって、退薬症状が結構凄く、なんていうかいてもたってもいられないというか、じっとしているのが辛いというか、でもだるくてしょうがなく気持ち悪いみたいな・・・なんか結構凄い感じでした。
麻薬を使用したことはありませんが、禁断症状とかはさぞ凄いんだろうなーと思わされるようなものでした。
退院時の最終のMRI検査を退薬症状と思われる症状の為、受診する事ができなかった(身体を固定されて長時間寝ていることが不可能だった・・・)。

なんやかんやで2月中旬に何とか退院することができ、自宅療養となる。
約3ヶ月の入院・・・やっぱり自宅の方がはるかに精神的には良かったが、退薬症状、放射線&抗癌剤のダメージでほぼ寝室にいるような状態でした。
食欲は以前なく、食事時に口を開けると痛みを感じる状態であった。
なんでかはわからないが、風呂に入ると一連のだるさや、左目の違和感が多少緩和され、一日に何度も入浴したりしていた・・・。
何とか身体を動かし、体調回復にと思い、3月上旬頃に健康なら歩いて7~8分ぐらいの近所のスーパーまで行ってみたが、
何とかたどり着きこそしたものの、そこまで歩くだけで必死であり、脂汗とも冷や汗ともわからぬものが噴出し、本気で帰りはタクシーに乗らないと帰れないと思うほどであった・・(休憩し何とか歩いて帰ったが・・)。
一応、完治したであろうという形で退院したが、体調はなかなか上向くことは無かった。
3月下旬ごろになるとそれでも少しずつではあったが体力の回復を感じつつあったが、それと共に左目の違和感が大きくなり、4月上旬には少し腫れだし、時々痛みもあった。
後遺症的なものだろうと思っていたが、2009年4月中旬よりの再発(というか完治していなかった)につながって行くのでした。

ちなみに私と同じ治療(動注4回、放射線照射70グレイ)で、とりあえず完治しなかった(再発は含まず)人は、主治医の話では、治療を途中で中止したり、規定回数未満で終了したりした人を除くと私以外にはいないという、ええーっ!という不運さ(運とかっていうのは好きではないが)でありました・・・。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

回想10

2009/1/5 新年初の治療が始まる。MRI検査をした結果、腫瘍に関しては動注がよく効いている様で、非常に小さくなっているとのこと。実際に左目及び左頬部の腫れはほとんど無く、痛みもさほど感じなくなっていた。
ただ放射線治療の影響で、髪の毛は1/6頃からごっそりと抜け始め、1月中旬には左側頭部がほぼつるっといった。
1/7 動注3回目を行う。 腫瘍の頑固な部分?(そう説明された)に集注的に薬を効かせたとのこと。
治療後は左唇、左頬下部が痺れるような、感覚がないような感じとなる。治療に伴うものでしょうがないとの説明。 
動注後は胃液までほぼすべてを吐き尽す。 翌日以降も猛烈な吐き気とだるさ。今までのものより1段階上の具合の悪さであった。
食事は全く取れず、点滴と栄養飲料のみでカロリー補給をする日々が続く。
そんななか、1/14 動注4回目。最後の動注となる予定である。
3回目とほぼ同じ内容。具合の悪さはさらに1段階上に・・・。
もうこれ以上の動注は出来ないと、妻にこぼす。限界だと・・・。
幸い動注に関しては、経過がよく最後となって5回目は無く終了となった。
その時は心からホッとしたが、今となって振り返ると、もう一度や二度動注をしてみたら結果は変わって、眼球摘出にはならなかったのかも・・・とも考えないことも無い・・・。
とにかく、その時点では動注療法をやりきり、残す治療は放射線治療残り15回といったところだった。

看護士さんに聞いたところ、高齢者の方などは動注療法に耐え切れない方等も結構いるらしい。
実際同じ病棟に入院している高齢の動注治療患者のなかには、車椅子に乗らないと動けなくなっている人等も少なからずいた。

医師から説明を受けた癌の進行状況 ステージ4転移なしについて、WEBで調べたりしてみると、上顎洞癌ステージ4の5年後生存率30%だのなんだの・・・怖ろしいことばかり書いてある・・・
以降暫くの間、恐怖で病気についての検索をやめる。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


回想9

動注初回後は暫く具合が相当悪い日が続いていた。吐き気が凄かった。
2009/12/24 世間はクリスマスイブだが自分は動注の2回目であった。前回のように具合が悪くなるのが怖かったが、初回に比べれば大分軽かったような気がする。
子供たちにも会えず、動注により具合も悪く非常に寂しいクリスマスだった。おそらく生まれてから一番寂しいクリスマスイブだったと思う。
妻が夕方に病室に来てくれて、子供達がプレゼントに喜んでいる様子を教えてくれて、微笑ましい気分になることができた。
この時点で入院時から約10Kg体重が減少していた。(余分なお肉だったのかもしれないが・・)
動注の効果は非常に出ていて、入院時には左目が腫れ上がり見えづらくなっていたが、腫れはほぼ無くなり、視力は1.5程度までも回復していた。
放射線により失明するといわれていたが、長期的にはということで、すぐに失明するというわけではないとの事であった。 この時点では自分自身ではそれすらも、もしかしたら無いのではないかと思えるほどに、入院時から比べると治療効果が上がっているのを感じていた。

年末年始は何とか一時外泊で自宅に戻ることができた。 病院のそばに自宅があって本当に良かったと思う。
が、帰りこそしたものの、豪華な料理等もさほど食欲も湧かず、食べることができない。もちろんお酒など全く呑む気にならない。子どもとゲームをするのもやっとという常態であった。
ほとんど寝室で寝てTVを見ているようなものであった。
それでも、病室にいるよりは100倍気持ちよく過ごせていた。

もしブログを見ていただいてる方の中に、ご家族が病気等で長期入院している方がいましたら、聞いてください。 個人差はあるのかもしれません、少なくとも私の場合たまに自宅へ一時外泊できるのが非常にストレスの解消になりひいては治療に向かうモチベーションの向上になりました。もし入院患者さんが一時帰宅外泊なんかができる状況になるのであれば、それはかなえてやって欲しいと思います。
このときに私の向かいのベッドにいたおじいさんは、年末に一時帰宅できるのを非常に楽しみにしていましたが、家族が複数インフルエンザにかかってしまったとのことで、帰宅中止となり非常にしょんぼりしてしまってました。(変わりに毎日ご家族の方が遠方から来てくれていたみたいですが)

ちょっと脱線しましたがそんな感じの2008末&2009年始でした。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




回想8

2008/12/16 放射線治療の初回がスタート。
この時点での体調は食欲は限りなく0に近い状態、本当に好きなもののみやっと食べるような状態。
顔に関しても、左目周辺は腫れ上がり、瞼を開けるのもやっとの感じで視力は著しく低下、痛みはドリルで顔を掘られるように痛い。
12/18初回の動脈注射を実施。カテーテル挿入し意識はある状態で約2時間ほどの施術。最中はさほど気持ち悪くなったりとかは無かったが、その日の夕方位から結構な吐き気、具合の悪さとなる。
約5日間ほど猛烈に気持ちの悪さ、吐き気が続いた。(同じ治療をしている他の患者さんはそうでもない人もいました、個人差はあるのでしょう)

ここで動注療法についての補足説明を

動脈注射療法を実施するにあたり、事前に中心静脈に点滴の管を挿入しておく。通常の点滴よりも相当大量の薬液を流すので結構な太さの管である。私の場合は鼠径部空の挿入であった。
動脈注射は意識のある状況下でカテーテル治療専門室のようなところで行われる。医師と会話しながらの施術となっていた。 この施術自体はさほどの苦痛ではない。痛みも最初にカテーテルを挿入するときのみである。
ただ終了後、動脈からの出血を防ぐ為止血バンドのようなものを太腿に巻いて約4時間ベッドに寝ていなければならない、脚は動かしてはならない(これ結構辛いです)。そして中心静脈から大量の点滴が24時間*数日行われ続ける。
この状態が動麻薬注射が最終完了するまでの平常状態となる。

初回動注後の日記を見るとヘロヘロですな、約5日間は。日記1行デーの連続です。(具合悪し!みたいなの)。
術中は自分で顔の痛い部分に抗がん剤が噴射されてるのを感じることができました。正直効き目は如実にありました。具合の悪さ、吐き気と引き替えに、痛みに関しては和らいできつつありました。
初回から効き目を非常に実感しました。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


回想7

私が1回目の入院時に行った治療について、ちょっと説明を。

(超選択的)動注化学療法
がんの栄養動脈から抗がん剤を投与する方法です。股の付け根の動脈からカテーテルと呼ばれる細い管を顔面の血管まで進め、造影剤で動脈を映しながらがんの栄養動脈を探します。栄養動脈が見つかったら、そこから抗がん剤(シスプラチン)を投与します。静脈投与に比べて多量の抗がん剤を直接投与することができるため高い抗がん効果が期待でき、同時に中和剤を点滴できるので抗がん剤の副作用を軽減することができます。

というものと、放射線を併用した治療でした。放射線に関しては35回、計70グレイの放射線を患部に照射するというものです。

完治率は相当高いようで、不安ながらも期待して治療に臨んでました。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


カレンダー+最終更新日
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。