HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  膵臓癌  »  膵臓癌発見~重粒子治療を求め1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膵臓癌発見~重粒子治療を求め1

2010/11初旬、H大病院耳鼻科にて上顎癌の外科手術で生じた左眼窩部の傷(というか眼球摘出による空洞部)の修復を目的とした再建手術を2011/1に予定していた為、最終チェック的な意味でCT検査を行う。
頭頸部に関しては特に異常はなく、経過良好ですね的な感じであった。
耳鼻科主治医「最近の調子で気になることなんかありますかー?」
私「まー特には無いんですが、最近ちょっと胃腸の調子が良くない様な・・・」
耳鼻科主治医「あーそうですか、じゃ胃腸薬だしときましょう」
こんな感じのいつものかるーいやり取りで帰宅。
ところが、すぐに奥さんの携帯に(緊急時の連絡先がそちらだった為だと思われる)連絡があり、胃のあたりに影があるようなので、早めに該当内科の外来に一度来てくださいとの連絡があった(詳細は奥さんが聞いたのでよくわからんがこんな感じだったらしい)。
さすが奥様だけあって、きわめて楽観的な口調で「影みたいのあるとよー」と私に連絡あり。
私自身はそれを聞いた瞬間から、「おいおいおいおい、のんきな声出してる場合じゃねーぞ!おいおい・・」ってな気持ちでした。
翌日、鵜呑みにしすっかり胃なんだと思い込んで、内科外来に行くと看護師の問診時に見えた書類に書いてあったのは、「膵臓部に病変あり」の衝撃の文字! 噂には聞いていたが癌の中でも相当に厄介だと思われる膵臓・・
思わず「あの・・膵臓なんですか?疑わしき部位は・・?」と看護師に聞いてしまう。
看護師「あっ、そうですけど聞いてませんでした?」とこともなげに答えられてしまった。
だだだだ、誰が胃といったんだ? おうおうおう大分違うぞ・・うううう 心の中は相当グチャグチャです。

外来医師の話では、検査を各種しなければはっきりとしたことは言えないが、CT画像からみるに、膵臓癌または悪性リンパ腫の疑いがあるとのことでした。

日を改め、11/中旬、再度CT、PET、エコーの検査をしますます癌疑いは濃厚となり、さらに日を改め、内視鏡にて細胞を採取し細胞診断検査の結果、転移ではなく原発性膵臓癌(腺癌)の判定となりました。

外来で初めて膵臓云々の話を聞いてから、色々と膵臓癌と悪性リンパ腫について調べましたが、膵臓癌に関してはまあ、希望の持てるような話が少ないことこの上なく・・・という感じで、悪性リンパ腫で闘病中で大変な方もいることでしょうが決してそれらを軽んじているわけでは無いんですが、完治確立が膵臓癌に比べ遥かに高い、悪性リンパ腫であることを願うという、最悪にも近い2択ですが、その2択でさらにより悪い方を引いてしまった状態・・。
医師は、詳しいことはご家族の方と一緒に云々とのことを言いましたが、私の「とりあえず、今わかっていることは全て教えてください、大丈夫ですので」という言葉に詳細に説明をしだしました。
正直、何とか話を聞いている状態。汚い言葉で言うならば ゲロ吐いて倒れそう!そんな状態で話を聞いていました。
そして、さらに衝撃の言葉が・・・「場所が悪く、手術は不可能です」「抗癌剤のみの治療となります」
どうも腫瘍のある場所が膵頭部で中心動脈や神経や門脈やに絡みつくようにある為らしい。
話の後半は、ほぼベソをかいたような顔だったと思います。

とりあえず、治療についての説明、話し合いの為の再来の予約をし、帰途へとつきました。

手術は不可能です!  この言葉が頭の中をぐるぐると回る状態で、家に帰りました。そしてメソメソと泣きました。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Comment
医者から、しっかりと自分の病状を聞けるなんて、すごいです。自分だったら・・・・。

いずれにせよ、できる限りの方法で治療に専念して下さい。やれることは何でもやってみることが大切かと思います。
Re: タイトルなし
ほろすけさん、こんにちわ。
医者からしっかりと~  というようなもんでないんですが、まあ説明を受けるのも何度目かですし慣れていたのと、本当に一刻も早く情況を知りたかったというのが本音ですかねー。
けしてしっかりしていない証拠に、途中からはベソかきぎみですからw
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。