HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  膵臓癌  »  膵臓癌発見~重粒子治療を求め2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膵臓癌発見~重粒子治療を求め2

さあ、メソメソ泣いていて埒があかない訳で、まず奥さんに報告し、恒例の?医療関係者夫婦(姉夫婦)に連絡し次回説明時の同席を頼む。毎度の東京よりの遠征、頭が上がりません・・。
11月も下旬にさしかかる頃の医師からの説明時はっきりしたこと
・腫瘍の部位が悪く手術は不可能。
・通っている病院でできる治療は抗癌剤による化学療法のみ。
という2点です。
そのほかの、治療(重粒子線、免疫療法など)について質問をしましたが、紹介状は書きますので後はご自分で判断して下さいとのことでした。

説明終了後の親族会議にて、①重粒子線治療(完治を目指すならこれしかない)②動注療法(説明時に情報をもらった)についても検討する③それでも駄目なら抗癌剤で ということが決定し、各自役割分担をし情報収集・診察のアポ取をすることなりました。とにかく迅速にことをすすめることと。
医療関係者が身内にいて心強い!心から思いました。

翌日からは忙しかったですねー。まず各種医療機関に出す為の紹介状をもらう、そして検査画像資料をもらう。
動注療法を行っている札幌K病院へいき、診察と治療の可否、治療情況の確認等。
・膵臓癌の動脈治療療法というものがあってこれは、通常抗癌剤投与に比べ数倍の効果(生存率が伸びる?)がありそうだとのことでした。
重粒子線治療に関しては、義兄の方で動いてもらい、2010/12/1に診察予約が取れました。

12/1 紹介状、画像資料を携え、義兄に同行してもらい千葉の重粒子センター病院へ。
担当医師より、重粒子線についての説明があり、現状の資料を見る限りは治療対象になりえるとのこと、ただ転移等があった場合は治療の対象からは外れるとのことなどの話がありました。
ということで、急遽当日CT検査をしその画像をもとに判断し、転移については現状無いことが確認されました。
ただひとつ、ネックになるものがあるとそれが上顎癌ということでした。発生から2年、外科手術から1年半という期間を胴判断するか?この点については倫理委員会というもににて検討する必要があるとのことでした。

とりあえず、12/1の診断はそこまでで、後は倫理委員会の後で正式にということで約1週間後ぐらいに連絡しますとのことでした。
感触的には治療してもらえそうな感じだったんですが、はっきりとした答えはなく、悶々と一週間後を待つのでした。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
Comment
岩草浴
ご案内
健康な人でも癌細胞は毎日100万個ほど発生しています。しかし大事に至らないのは癌細胞をNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が破壊しているからです。 しかし加齢と共にその危険度は高まります。高齢になるほどガン発生率、生活習慣病の罹患率が高くなるのは、ナチュラルキラー細胞の活性化の衰えに関連しています。高齢者の死亡原因は1/3が癌が原因となっています。
 NK細胞活性化
○玉川温泉は北投石の天然の岩盤浴が有名です。
 ( 健康を維持したい人達が今なお、ひっきりなしに玉川温泉に訪れています。湯治宿の予約が困難で取れないこともしょっちゅうあります。
これが本当癌に効くかどうかはわかりません。しかし、体を温めると免疫力が上がります。
○医学博士の石原結實先生は
()
「薬はいらない体を温めれば病気は治る。」という著書を沢山執筆されています。
○また岩盤浴のような設備が生活習慣病の症状改善に効果が高いことを、
日本岩盤温熱医学研究会、会長 岡山大学大学院保健学研究科の上者(じょうじゃ)郁夫教授の研究グループが明らかにしています。
熱刺激で誘導された熱ショックタンパク質(HSP)が好作用を及ぼした影響を挙げ、体が温まって血流が促進され、代謝が亢進したことが大きいと分析しています。()
○森林浴という言葉をご存知でしょうか。
日本衛生学界 森林医学研究会の論文では
()
森林浴でヒトNK細胞数および細胞内の抗癌たんぱく質の増加をもたらし,NK活性を上昇させることが明らかとなった。と書かれています。
()

私共(本社岡山市)は岩盤浴と森林浴(薬草・ハ-ブ浴)をあわせた岩草浴という設備をご家庭向けに開発いたしました。()
○ご興味のある方は kanaya@gansou.jp までご連絡ください。 担当 金谷(かなや)
株式会社 彩虹 グル-プ 岩草社 
〒701-2141 岡山市北区牟佐39番地
TEL 086-229-1826 FAX 086-229-3335 携帯090-7129-1826
mail kanaya@gansou.jp URL http://www.gansouyoku.jp
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。