HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  療養生活  »  入院明けの儀式?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院明けの儀式?

入院していると、通常に生活しているときよりもベッドにいる時間が長くなり、好きなアーティストの音楽をひたすら聴いているといった時間が長くなります。
そして、あー・・退院したらライブに行きたいもんだなー・・なんて妄想します。
かつての上顎癌退院時(片目になった後)にも行ったんですが・・・そして今回も重粒子線治療明けということでいってきました 2/12 ZEPP SAPPORO
チケット
うーん、今年前厄w膵臓癌治療の身にはややキツイASIAN KUNG-FU GENERATION
オールスタンディング、2時間程度のライブ・・・キツイ・・がしかし、行ける時に行っておけ!!ということで参戦強行(保護者として奥さんも同行)
いやー、やっぱり行ってよかったわー。体調は本調子ではないが、ライブ中は全くそれを忘れられました。
このバンドのライブは何故かあまり年齢に照れることなくいけちゃいますw

まあ、確実に身体の中の腫瘍をやっつけたね、昨日は。(医学的根拠はありません)

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。