HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  日常  »  病気後の仕事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気後の仕事

先日、上顎癌手術後の2年経過診察で病院に行きました。
まあ、特に問題はなしです。
あと、主治医に書類の記入をお願いしました。
~内容は仕事をするにあたり特に問題なし~といった内容のもの。仕事をする上で一応必要なので。
主治医はちょっとびっくりした感じで 「えっ!仕事できるの!?大丈夫!?」っていうリアクションでした。
上顎癌で左眼窩部摘出(未再建状態)+膵臓癌(重粒子治療後の経過観察中)という状態なんで、そのリアクションもわかりますが、あらためて「あー俺って・・世間的には仕事無理な人認定なんだなー」と思い知らされました。
その主治医は一切悪意なき発言ですし、私自身も不快感を持ったわけでは全くないんですが後からしみじみと、そうなんだなー世間一般的には・・・と、少々しんみりしました。

まあ、世間一般的にはそう感じたところで私自身には何の手当もでるわけではなく、幸い共働き家庭なのですぐに資金繰りに困窮する状況でもないんですが、かといって資産家でもないんで仕事をしないことにはなかなか金銭的には厳しい面もあります。
癌の治療には色々とお金がかかりますんで・・・。
はぁーーって感じですね。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。