HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  上顎洞癌  »  骨が欠ける・・補足

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨が欠ける・・補足

えー、前回の骨が欠ける件での補足を少々。
欠けてきた骨なんですが、見た目、触感から判断するにどうも死んでしまった骨のかけら?のような感じなんです。
白くていわゆる骨!といった感じのものではなく、やや茶というか黄ばんだというかそんな感じの色合いで、風化した樹木の樹皮がはがれたような、劣化した金属が崩れるような・・・そんな感じのものが欠けるんです。
だから、骨折というよりは劣化した骨が欠ける(剥がれる)?そんな感じなんですねー。
欠けてきたものをピンセットで力強くつぶしてみると、パラッ!って感じで砕けます。

昨年の10月(膵臓癌発覚前)に耳鼻科、形成外科との再建手術に関する話し合いでは、骨が露出している部分が劣化してきているのでそろそろ再建云々~という話になっていたんですが・・・
膵臓癌が発覚しそれら全てが白紙となり、今に至っています。
まあ、大規模な再建手術になるので、今のタイミングでは自分でも難しいと思いますが、なんらかの対応策はないものかと思っています(特別な軟膏を塗るとか、簡易的に露出部分を隠すとか・・・)
明日、耳鼻科診察なので、その辺の詳しいところを聞いてみたいと思っております。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。