HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  上顎洞癌  »  耳鼻科診察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳鼻科診察

昨日は、耳鼻科で上顎癌の経過観察診察でした。
上顎癌の方は相変わらず良好な経過です。
骨が欠ける云々~について主治医に聞いてみたんですが、現状の軟膏を塗り幹部を乾燥させないようにする。という以外には、なかなかいい方法はないみたいです。
もっといい軟膏、塗り薬なんかはないのか?一時的な対処法がなんかないのか?この先骨はどうなっっちゃうのか?
等々を聞いてみたんですが。特にいい薬はなく、現状のメンテナンスを怠らずするしかなく、傷跡の大きさからやはり腹直筋の移植をするしかなく、それをするには膵臓癌の関係から今は全くやるべきではなく、少なくとも2年ほどは経過観察をしてからの方が・・・みたいな事でした。
また骨はどうしても空気に触れると劣化・腐化してしまうそうで、それが欠けてくるのはしょうがないし、それですんでいるのならば特に問題はないとのことでした。出血を伴うような骨の欠落が起きると問題ありだそうです。
まあ、長きに渡り診察してもらっている主治医とのざっくばらんに話した結果がこうなんで、そういうことなんでしょう。
まあ上顎癌に関しては再建手術のことは課題として残っているものの、経過的には問題なくやや安心な感じです。
主治医も上顎癌より膵臓癌の経過の方が心配なご様子でした。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Comment
骨が欠けること自体は、問題がないんですね。
患者の側としては、不安があるでしょうけど。

次の課題は、再建手術とのことですが、はやり
体調が良くないとできないのは、仕方ないと思われます。
ここは、まず膵臓癌への対応に力を注ぐべきでしょう。

ただ、私自身がまささんの立場になれば、傷跡の修復が
どうしても気になってしまうと思います。

若い頃、頭のハゲを気にして植毛手術をした私が、
人のことは言えません・・・・。
ほろすけさん
コメントありがとうございます。すごい告白、ありがとうございましたw
FC2ブログが数日前から不具合でして、携帯からの返信してます(PCだとログインできないんです)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。