HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  膵臓癌  »  膵臓癌経過診察 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膵臓癌経過診察 

色々と、忙しい日々が続き更新がおろそかとなっていましたが、10月中旬の検診は良好な結果でした。
今回は血液検査・CT検査・胃カメラという内容でした。胃カメラは、何度やっても慣れませんねw
血液検査は腫瘍マーカーの数値も正常値で良好でした。CT検査の結果も画像上、腫瘍部の拡大等もなく転移等の心配もないようで非常に良好でした。
胃カメラの結果は、十二指腸の潰瘍がまだ治りかけの状態との事でした。この潰瘍は照射の影響で膵臓に隣接する部分にできたものみたいです。お酒や刺激物は当面控えてくださいとの事でした。
医師との話では、治療後約10ヶ月、転移に関してはあるとすれば既に何らかの兆候が現れるそうです。で、幸いなことに私にはそれが見られないので、転移のリスクは大分少なくなっているのではないかとのことで、残る心配は局所の再発との事でした。 まあ、一歩一歩良い方向に進めている現状に安心・感謝等々の気持ちです。
まだ治験段階の膵臓癌の重粒子線治療ですが、何度も言っていますが外科手術不可能といわれ完治をほぼあきらめなければいけない状態だったところから、今現在の希望を持てている状況を考えると、一刻も早く標準の治療の一つとなってほしいものですね(色々と難しい問題は多々あるんでしょうが・・・)
で、今回は地元での診察・診察協力をしてもらえる病院も紹介してもらえて、さらにホッとしています。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Comment
膵臓癌にこれほど治療効果があるとは、驚きですね、

重粒子線治療の威力は、本当にすごいです。
これからは、治療の在り方が変わるかもしれませんね。


前回、名前を入れるのを忘れました。
すみません・・・・。
Re: タイトルなし
ほろすけさん、こんにちわ。
前回の名無しさんは、やはりほろすけさんでしたか。間違ってなくてよかったですw
まあ、九回裏ツーアウトランナー無し3点差から延長戦に持っていけた位の効果?というか感じというか。
勝利をものにしたいところです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。