HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  上顎洞癌  »  上顎癌経過診察(手術後2年半)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上顎癌経過診察(手術後2年半)

昨日、上顎癌の経過診察へ行ってきました。
まあ再発等は心配ない感じでした。良好です。
ただ、ここ最近眼窩部の手術跡の露出している骨がポロポロト欠け、先日はついに長さ3cm幅1cmほどの大型骨片が剥がれ落ちてきている件について、相談してきました。
再建手術をすればその辺の問題は解決するんですが、なんせ膵臓癌の方が・・・だもんで、現実的にはまだ2年ほどはできないであろうと思う。
ならば、どうにか対処する方法は?
といったところを、主治医に相談しました。

骨が欠ける件について?
・露出している骨はどうしても風化をしてしまう。特に70グレイの放射線を当てている部分の骨なので、さらにもろい ということはある。おそらく今剥がれているのはそういった部位ではないかとのこと。

ケア方法は?
・現状は軟膏を塗り、露出骨の部分を乾燥しないようにすることがベスト、というかそれしかない。

骨が剥がれた跡に問題は?
・結構良い状態らしい。新しい皮膚が張ってくれているところもあり、出血や化膿などもないので、今までどおり のメンテナンスを、との事

といったところでした。
まあ、これ以上頭蓋骨の量が減らないように、一生懸命メンテナンスするしかないということですね。
眼窩縁の骨が欠けたため、エピテーゼが合わなくなってしまっているので早めにエピテーゼの再製作の相談に行ってみようかと思っております。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
Comment
なるほど。
露出している骨は、やはり風化をしてしまうんですね。
もっと頑丈な気もしましたが・・・・。

軟膏を塗るというのは、手や足にクリームを塗るのと
同じだと思いました。乾かないようにするのが、大切なんで
しょうね。

私も歳のせいか、指先や足のかかとが荒れがちです。
こまめなメンテナンスをすることにします。
Re: タイトルなし
こんにちわ、ほろすけさん。
こまめなメンテナンスw大事です。
乾きすぎはいけませんよw
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。