HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  膵臓癌  »  重粒子線治療後1年検診

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重粒子線治療後1年検診

1/17から1/19まで二泊三日の入院検診に千葉に行ってきました。
1年検診であり、いつもより詳細に検診を・・、ということで久々の入院しての検診です。
20120118130543.jpg
うーん、毎回びっくりするが1月なのに病院の外の植え込みに花が咲いている・・・。北海道民にとっては結構衝撃です。
皆さん寒い寒いと言ってましたが、札幌の3月下旬~4月上旬ぐらいの暖かさでした。
17日夕に前泊で病院に18.19日とPET、CT、血液検査、胃カメラと細部にわたり検査しました。
1年を無事に過ぎれば検診間隔も今までよりは少し開き、負担も少し減るかなーなんてのんきに考えていましたが、検査結果を言うとあまりよくなかった。というかちょっと大変なことになってきた。
PET検査では、重粒子線治療の効果により消えていた病変部の光が、また光りだしていた。
血液検査で腫瘍マーカーCEAが正常値5.0以下のところが7.72に上昇。
これらが18日の検査でわかり、急遽19日にCT検査を追加。
CTにより腫瘍に関しては拡大してはいないことが確認できたが、腸にほぼ密接している部分が再発部分だと思われることがわかった。
以上のことより
・重粒子線治療した同一部分の再発である。
・腸に密接している部分の治療が非常にハイリスクであり、現状外科手術や重粒子線照射をすることは厳しい。
・幸いにして、転移は今段階では見られない。
という判断になりました。
そこで、これからどうするか?
主治医からの説明、そしてこちらの希望等をはなし
・とりあえず札幌に戻り抗癌剤治療を早急に開始する
・抗癌剤治療により転移を防ぐ、腫瘍の僅かでも縮小を狙う
・その効果を3ヵ月後に確認
・転移がなく、局所内に腫瘍がとどまっている且つ縮小し腸と膵臓腫瘍の密接部に隙間ができる(希望!)
という条件が整えば、根治を目指す治療の可能性は残る。ということになりました。
結構厳しい条件なのかもしれない・・・が、やるしかない。とりあえず今書いたことを目指すしかない。
という気持ちに落ち着いたのは昨夜遅くのこと。18日の夕方に再発のことを告げられたのですが、その夜はほとんど眠ることができませんでした、不安と恐怖と諸々と・・・・。

自宅に帰りついたのは昨日の20時過ぎ。無邪気に「おかえりー、まってたよー」と迎えてくれる娘と息子。
まあ、当然ながらまだ子供達には一連の件を教えれるわけもなく・・。平静を装い「おー、ただいまー」と。

とにかく、とにかくだ!三ヵ月後に希望をつなぐ為にも抗癌剤治療が良い方向に進むように願う、というかお願いします・・・っていうところです。
こちらの病院の予約も済みました。来週からは抗癌剤治療を開始できると思います。
弱音、弱気、ネガティブな思考等本当はたくさんありますが、今は書かない。
とにかく頑張って良い方向に進む為の努力をしたい。そんなところです。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
Comment
ブログ、いつも楽しく拝見しております。
ご家族とのふれあい等、
読んでいて温かい気持ちになります。

治療、頑張って下さい。
遠くから応援してます。
なかなか思ったようには、いかないものですね。
重粒子線治療も、オールマイティではないという事でしょうか。

それから、お子さんの前では、
父親は弱い顔は見せられませんよね。

私も、職場が変わったり交通事故やらで、
精神的に参った時期がありましたが、
そんな時でも、子どもには辛い顔を
見せないよう努力してました。
けっこう大変でしたが・・・・。

いずれにしても、これからの治療により、
病状が良い方向に進むようお祈りしてします。
Re: タイトルなし
さっちもさん、こんにちわ。
コメントありがとうございます。
今までと同じく、前向きに治療にあたりたいと思ってます。
時々、ブログを見てください。
Re: タイトルなし
ほろすけさん、こんにちわ。
まあ、そう簡単にはいかないのね・・・って感じですよ。
まあ、重粒子線で希望が開けたともいえるんで、これからも何とかなると思って頑張ります。
子供には、まだ特に何も言ってません(言えません)。言わなくても良い方向に向かい、何とかなるように治療頑張りたいところです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。