HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  膵臓癌  »  放医研にて診察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放医研にて診察

昨日は、千葉の放医研重粒子医科学センター病院にて診察でした。
私と奥さん、そして医療関係者の姉夫婦(東京在住)に同席してもらいました。
まあ、なかなかの人数で行ったのには訳がありまして。
実は再発した1月時にジェムザールをとりあえずやり、4月の検診時で重粒子線の再照射が可能かどうか判定しましょう。ということになっていたからである。
以前の主治医は異動でいなくなっており、新しく主治医になった医師との初めての診察であり不安もありましたが、まあさすがに引継ぎもしっかり出来ているようですし、丁寧に説明してくれる医師だったのでその辺は大丈夫でした。

それで、結果のほうですが・・
最照射は現段階では不可能との判定でした。
十二指腸と膵臓腫瘍との間に隙間がなく、再照射した場合、十二指腸に穿孔が起こる可能性が非常に高い=命の危険ということです。

まあ、予想はしていました。札幌でCT検査をした画像を見ても、ジェムザールで腫瘍の縮小までの効果はでていなかったようなので。つまり1月の段階から腫瘍の状況は変化はしていない(それはそれでいいことだが)ならば、1月に無理だったものが4月にOKとはならないのは、素人ながらよくわかる。

1月の段階では、重粒子線の再照射がなければ追い詰められた・・・と思っていたが、ここしばらく新たな治療法や次のいってについて色々と調べたり準備していたりしたおかげで、ショックは小さくて済みました。
まー、まだ手はある! と思える状態ですな。

とはいえ、悠長にしていられるわけもなく今日からまた、次の一手に即取り掛かるといったところです。
本日はこれからジェムザール投与に出かけ、明日は予約している病院へ。ジュースは大量に作り飲む。自分の食事療法の食事位は作る。結構忙しいw
仕事をしながらじゃ、ちょっと厳しいな、この忙しさ&時々具合悪さ。

で、昨日はちょっとでも金銭節約のために、新千歳⇔成田で行きまして(羽田よりも運賃が安い)ちょっといつもと違うルートとなったので、診察帰りに
成田山
成田山によりお参り。病気よ快方へ。
ここへの参道の感じが、北海道の私なんかにはたまらなくいい感じで、結構好きです。
ただ、うなぎ大好きな私のもう一つの楽しみ、参道沿いの店でのうな重は、食事療法中の私には今はだめなわけで・・・涙をのみ、見つめるだけでした。
いいにおいがしてたなー(泣

まあ、私がなんだかんだ前向きに治療が出来ているのも近くにいる色々な方々のおかげ、そんな部分が非常に大きく、いろいろな面でサポートいただいている皆様に、深く感謝しています。

日々の励みにポチッとお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。