HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  膵臓癌  »  オリンピック 興奮で眠れん!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピック 興奮で眠れん!

昨夕何とか熱も下がり、ハイパーサーミアの2回目をふらふらしつつも受けてきました。
ちょっと体調がイマイチだったんで終了後の疲労感も結構ありました(サウナに入りすぎて朦朧・・・のような感じ)

で、なぜこのような時間に更新しているかというと、今日はオリンピックで見たかった試合があったからなんですねー

男子バドミントン シングルス 佐々木選手対林丹選手の試合。
まー普段はバドミントンの試合を見ることなんかは皆無に等しいほどなわけですが、五輪前のテレビ番組で北京五輪で金メダルを取った林丹選手と試合をする為にロンドン五輪に行くんだ! といった内容の佐々木選手のインタビューを聞いてから、気になってましてそれが実際本日実現するとなったわけで、こりゃあぜひともどんなもんか見てみたい!
そういう気持ちからこの時間まで起きていてテレビで見たんです。
感想は・・・いあや凄かった!本当にいい試合を見た! まさにそんな感じでした。
普段バドミントンを見ないうえに、経験者でもない私が言うことなので玄人の方が見るとどう思うのかはわかりませんが、少なくとも私は感動に値するいい試合だったと思いました。
第一セットこそ、ん?やっぱり実力差が・・?なんて思いましたが、2セット、3セット目の佐々木選手の猛烈な頑張りというか、気迫というか・・もう試合の中に引き込まれるような熱い闘いぶりが伝わってきて・・・
佐々木選手は凄かった!王者 林丹と試合をする為にきた!の言葉通りの闘いぶりでした。
そしてそれを跳ね除けた 林丹もまた凄かった。流石は北京の金メダリストにして世界ランキング1位だった。
スポーツをするのも、見るのも大好きだがこういった「見てよかった!と心底思える試合」があるのがオリンピックのいいところかもしれませんね。
ここまでのロンドン五輪を見た中ではNo1の試合だったと思います。

まあついでといってはなんですが No2は
この試合の前の放送だった男子テニスの錦織対デル・ポトロ戦
1ヶ月ほど前のウィンブルドンでも対戦していた組み合わせですが、五輪ならではの何か熱いものがあったのか錦織の第二セット追い込まれてからの反撃が猛烈に熱いものだった。
これから何かを掴み取ろうとする若者のパワーというか、まだまだ上に行くんだという思いというか、見ていてこの試合も興奮しましたね。正直、錦織選手を見直したというか改めて凄いと思えたというか・・・

でNo3まで書かせてもらいますと
立石選手銅メダル、北島選手が4位だった200m平泳ぎ決勝です。
立石選手は当然素晴らしかったんですが、五輪2大会連続で金メダルを取り、絶対王者として君臨していた北島選手が前人未到の3連覇に挑み、その挑戦は成功には終わらなかったが、競技後のインタビューで「北京からの4年間は自分自身への挑戦だった」「今できる泳ぎはやりきった、後悔はない」といったのを聞きまして、まさにジーンとなっちゃうわけで、特に「後悔はない」という部分は今の北島選手が言ってこそのものだと私は深く感動いたしました。

以上ロンドンオリンピック私的ベスト3(8/3AM4:00時点)でございました。


まだフラフラしてんのに夜更かししすぎたので、心を静まらせ眠りに着きたいと思います。

※注:このブログは闘病ブログです

日々の励みにポチッとお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
48さん、こんにちわ。
オオクワ4年目すごいですねー、北海道だと寒さのせいか単に飼育法が悪いせいかクワガタの越冬に成功したことはないんですよね。大体11月末ごろには・・・。
夜更かしは控えたいんですが、見たい競技が3時とか、1時とか・・・辛い。
応援ありがとうございます。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。