HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  膵臓癌  »  ハイパーサーミア7回目?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイパーサーミア7回目?

えーと、多分7回目のはずのハイパーサーミア治療をしてきました。
普通に家を出て治療に向かったんですが、病院に着くちょっと前に猛烈な寒気がまた・・運転中だったんで焦りましたが、なんとか病院に辿りつけました。38度後半の発熱が。寒くて毛布を借りくるまりながら、順番を待つ。
治療をやめて帰ろうかとも思ったが、せっかく高速にのってまで来たんで、治療せずに帰るのも癪なんで、看護師さんは心配してましたが「大丈夫です!」と治療は実施しました。
いつもより余計にヘロヘロになりましたが何とか無事終了。
なんか寒気もハイパーサーミアで温められたせいかなくなってました。
まあ、すぐに元気良く動ける訳でもなく、いつもより多目に充分休憩をとり帰路に着く。
いや、疲れたぞ今日も。
只今は37.5度程度の発熱。最近ポンコツになってきたのか、これぐらいの発熱をあまり感じなくなっているような。オキノームを服用する時間がきたらすぐに飲んで、寝ようと思う。
以上。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment
大変でしたね。
発熱が続いてるようで心配です。
明日の朝にはスッキリ熱も下がってますように・・。
はじめまして
父(74)が上顎洞癌になりまして、こちらにたどりつきました。

動注と放射線で治りますと医者は言ってましたが、
まさ様も当初そのような予定でしたが、切るに至ったのですね。

ブログには駄目押し的に化学療法をしていらば、、
と回顧されていますが、やれるならやった方がよいでしょうか?
といっても父は高齢なので、抗癌剤に耐えて治療を継続する
ことも難しいのでしょうか?
まだ治療前なのでたくさん食べておいた方がいいでしょうか?
と医者に聞きましたが、別に普通でいいでしょうという返事でした。
これは、化学療法に耐え得ると見込んでいると考えていいということなのか?

父は地元旭川の病院に入院していますが、
可能ならもっと高度な治療を受けにいくべきでしょうか?

急なことで家族皆動転しています。
私もまさ様と近い年齢です。
上顎洞を一度検査した方がいいかな、、
Re: タイトルなし
SORAさん、こんにちわ。
発熱しやすい期間?になったのか今日も早い時間は平熱だったん
ですが、今の時間は37.8度。
眠いなーと思って一応熱を計ったらそんな感じで。
最近ポンコツでこの位の発熱では具合が悪いとの認識がでなくて。
まあ、取り敢えずゆっくりします。
Re: はじめまして
mas206さん、はじめまして、こんにちわ。
上顎癌の放射線+動注療法の奏功率は医療機関により多少のばらつきはあるでしょうが
決して悪いものでは無いはずですよ。
まあ、私は稀な治らなかった例というか・・
治療は、あくまで私の場合(主治医から情報を良く聞いて下さい、医療は日進月歩なんで最新の情報とは違うかもしれません)、正直物凄くキツかったです。
抗がん剤シスプラチンの猛烈な吐き気とほぼ寝たきりの倦怠感、効果が表れるまでの癌の痛み、放射線による口腔、鼻腔のただれからくる痛み。治療の中盤以降は食欲は0。かろうじてアイスクリームだけは食べれる、みたいな。
約3ヶ月に及ぶ入院。
それまでして、直ぐに再発というか、治り切らなくて結局、眼球摘出を含む外科手術・・
まあ、それを思うと、後出しじゃんけんですが、重粒子治療にチャレンジするのもありだったかなーと思います。
駄目押しにもう一発道注を(私は4回で標準、まれに5回する人もいるとか)、とも思ったこともありますが、まあそれはさすがにきつ過ぎて無理だとも思う。

それでも、機能や、せめて外見だけでも温存できるのならば、動注療法は悪くないと私自身は思います。
とにかく外見や機能が失われるというのは、相当なハンデだと思いますよ。
まあ、ただ外科手術も度合いによってはそんなにQOLが低下しないものもあるようです。

治療方法は数種類あり費用も様々ですがよく情報を集め精査し、本人やご家族が納得いく治療をできるよう頑張ってください。

ありがとうございます!
まさ様
返事ありがとうございます。
父の場合は動注4回で治らなければ更に2回という説明でした。
なんとか耐えて欲しいです。
父は今月11日に入院し、21日からの治療開始との説明が24日からになってしまいました。
医者はあまり関係ないといいますが、8月末からかなり痛がっているので、少しでも早く治療に入って貰いたいです。
嫁さんは金曜日にやって人員の手薄な週末にすぐなるより、月曜日の方がいいと言いますがふにおちません。
こんなところで愚痴を書いてすみません。
まさ様の困難な中にも明るく前向きなブログに勇気づけられます。
今後のご回復をせつに祈っております!
Re: ありがとうございます!
上顎癌の痛み・・思い出すとドリルで頬骨を削られている様な痛さだったなー。
ご本人にとってはハードな治療になると思いますが、周りの方のサポートも大きな地からになります。
力を合わせて乗り越えれますように願っています。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。