HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  膵臓癌  »  近況報告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

積雪
いやー、今年の冬は寒いは、雪は多いわ・・なかなか終わらなかった夏が嘘のような冬っぷりです。
雪掻きも相当大変なんですが、体調的にお手伝いもままならず・・家族には申し訳ない次第です。
ちなみに写真は昨日の大雪後の自宅前です。どこぞのゲレンデかって程の上質な雪が・・

さてさて、数日前ですが今後のことも考えクリニック主治医と相談し紹介してもらい、緩和ケアの病院に行ってきました。まあ、近々にどうこうと言う事ではないが一度外来受診をしておくと入院等の処置が必要になった時にスムーズに入院ができるから、といったところです。
緩和
クリニック主治医からの紹介状には「緩和ケア科」とあります。
改めて封筒に書かれた文字を見ると、何というか・・心中穏やかならざるものも少々・・・
今までの病歴・経過等、希望することなんかの問診、緩和ケア科の説明なんかをしてもらいとりあえず外来受診はOKで、ここで受診したことにより入院待機状態ということになり、入院が必要なような状況になった時は優先的に入院できる、ということらしい。
まあ、備えはしておくということだが、ちょっと気分的には重い・・

うつ伏せになるのがちょっときついほどお腹の張りがあり、腹部に圧迫感が強くなってきている。
体重も4Kg程増加し、尿量も減少気味とこれでもかというほどの症状で腹水増加の予感がしていたので、昨日クリニックにてエコー検査や血液検査をしました。
結果やはり腹水が増加しておりました。
とりあえず利尿剤を処方され様子見ということに。お腹の張りがきつくなり続けたら・・(腹水が増加し続ける)という恐怖感があるが、とりあえず毎日びくびく体重を量ったり、お腹の膨らみ具合をチェックしたりしているが、膨らみに気付いた5日ほど前からは特に今のところは変化がない。
ただ、お腹の圧迫感の為あまり食事をたくさんはとれず、回復していた食欲にまたもかげりが・・うーん。
さらに、ステント交換後落ち着いていた胆管炎だが、また高熱&悪寒の症状が出始めている。
ステント交換から3週間程度しか経っていなく、ちょっと早すぎるだろう・・と思うのだが、まあ色々なものが重なっての症状なのだろう。
血液検査ではやはりビリルビン値、ALP、γ-GTP、AST、ALTなどが総じて高くなっていた。特にALPは3283と血液検査における最高値のような高さでした。
貧血もステント交換前よりも大分立ちくらみ等がなくなっているので改善されてるかと思いきや、あまりそんなことはなく、相変わらずの貧血状態でした。
うーん、全くもっていいとこなしの検査結果・・いつもより寒い冬・・大雪・・膨らむお腹・・・
「うわぁーんうわぁーん!」と一発大声で泣きたい気持ちにもなりますね。

そんな状況とは関係なく年の瀬は近づいてきており、昨日辺りのスーパーの品揃えはすっかりお正月の用意って感じになってました。まあ自分のできる範囲のところは綺麗に整理・お掃除して新年を迎えれるようにダラダラゆっくりとではありますが作業を開始しなければと思っています。

日々の励みにポチッとお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。