HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  腹水穿刺実行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹水穿刺実行

昨日は緩和ケア病院の外来受信。
主治医に、便秘の件、湿疹が酷い件、痛みの件、腹水の圧迫感の件等々を相談。新たに色々と薬が処方された。
で腹水の圧迫で呼吸もやや苦しく感じる事があると伝えると、1000ml程腹水を抜こうか?との話になり、そんなに簡単に済むものなのか?とビックリしたが、抜いて普通にそのまま帰宅も出来るとのことだったんで実行してもらった。
エコーにて、腹水と内臓の位置確認をし針を刺す位置を決め、部分麻酔をしチューブを繋がれた注射針を刺されるとなかなかの勢いで黄色っぽい色の液体が排出された。これが腹水らしい。
短時間で1000mlは排出された。多分30分はかかっていないだろう。
抜いてる途中から明らかに圧迫感がなくなってくる。スッキリしてくる。
1000ml排出するとまだまだ排出中だったが抜針、絆創膏を貼り終了。
まあ、確かに簡単なもんであった。
お腹の張りはかなり楽になった。
ただ、この腹水には相当な栄養も含まれているのでバンバン抜いて・・って訳にもいかないらしい。

家に帰り体重を計ると確かに1kg程減っていた。まだまだ腹水は残っているんだろうが、圧迫感は確実に減った。特に気になる症状も無く、とりあえずは良かったか。
圧迫感が減ったので久々にややまとめた量の食事がとれた。
次回診察予約は2週間後だが、途中で腹水で苦しく感じるようだったら連絡をくれればまた、腹水穿刺の処置をする事も可能ですからとの事だ。

色々な情報から腹水を抜く。という事にはちょっと恐怖感があり、禁断の治療的なものも感じていたが、デメリットとメリットを計りにかけ、メリットが上回るならやった方が確実に身体は楽だなーと、感じました。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment
腹水
こんにちは。
少しでも楽になると良いですね。

余計な情報でしたら、ご容赦を。
腹水ですが、
一度抜いた腹水から、
がん細胞・細菌などを濾過し、アルブミンなどを濃縮して
点滴で体内に戻すCARTもしくはKM-CART
というのを聞きました。
(たまたま私が丸ワクやってる病院でやってました)
http://www.fukusui-cart.com/about/index.asp?

ご存じでしたらお許しください。

良い方向に向かわれることを祈っております。
良かったですね。
お腹の水、抜いてもらえて良かったですね。
食事もとれたそうなので…これで体力回復!といきたいですね。まささんの今日のブログを読んで…「やはり気になる症事・症状などは遠慮しないで周りに(主治医の先生や周りの人々)に伝えたほうがいいんだなぁ…」と思いました。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。