HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  療養生活  »  抗癌剤変更

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗癌剤変更

TS-1を服用していましたが、湿疹がヒドイ。腕、脚、オシリとにかく痒い、痒いから掻く、掻く掻く掻く。
掻きすぎて血が出る。さらに湿疹がひどくなる。
服用を始めてから3週間ぐらいで副作用が出てきました。
医師に相談すると、一旦服用を見合わせてくださいとのこと。
そして、ある程度湿疹が治まったので、再度抗癌剤服用へ。
P1000221.jpg
UFTカプセルというもの。 TS-1よりは副作用が少ないであろうと・・・。
今度の薬は大丈夫なように祈ります。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Comment
副作用
癌と診断されてから部屋が空いていないなどの理由で約ひと月待たされることになりました。その時にTS-1を飲みました。一週間飲んだところで病院から連絡があり、来週部屋が空くので服用を止めて入院してくれと言われました。一週間だったので何も感じませんでしたが、ずっと飲み続けているとやはり副作用があるのですね。
Re: 副作用
副作用は人それぞれだそうです。大丈夫な人は大丈夫みたいですよ。
私は、本当に湿疹がひどくて、皮膚が結構部分によってはぼろぼろになりました。
今は落ち着き、UFTにしてからは今のところ目立った支障もおきていないです。
願わくば、薬も飲まなくていい生活を送りたいものです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。