HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  療養生活  »  エピをつけて旅してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エピをつけて旅してみる。

上顎癌発病後、初めて飛行機に乗り旅行してみました。
上顎癌発覚直前は飛行機の離着陸時に結構な偏頭痛のような痛みがあったりしたので、少々緊張しましたが、特段何も問題なく過ごせました。
旅行先は例の遊園地ですが、療養中の今ぐらいしか平日にいけないので、がんばってみました。
RIMG8157.jpg
正直、楽しかったです。
子ども達も大満足といったところで。

それで、エピテーゼをつけて楽しんでいたのですが、さすがキャラ、キャストの方々はプロフェッショナル、まったくエピテーゼのことなんか感じていないかのように、見事な応対でした。
ただ、遊びに来ている子ども達・・・見るね、これでもかってぐらい俺を見るね、左目を不思議そうに、なんか変だな的に・・・まあもういいでしょ!ってぐらい俺を見つめるね。
そして気付いた大人の人たちも「あっ!はっ・・・」っていう感じで、見つめるね。やっぱり大分珍しいのかね?
距離をおいたすれ違いぐらいだと、気付かれない程度にカモフラージュできているが、アトラクションに並ぶとどうしても、距離が近くなってしまってね・・・。気付くみたいね。たまにちょっと離れたところから見ている人もいるけどね。

それとは対照的に我が子たち。まあ全く気にしないね。最初の頃こそ娘がやや気にしていた感はあったが、最早全く気にしてないというか、忘れてしまっているというか・・。いいことだよね。
思うに、慣れるんだろうね人間は。良くも悪くも慣れるんだろうね、日常的に接していると。
自分自身も、見られることに慣れてしまってきているしね。
まあ、ただ時々カチンと来る見つめ方の人もいるけどね・・。

園内を巡るのも、全盛時の体力からするとまだまだのようで、結構しんどかったけど。
まあ、でもやっぱり楽しかったですよ、ものすごく。
RIMG8043.jpg
それで、なぜか我が家では、ディズニーのキャラのなかではバカ犬のはずのプルートが大人気です。
何故だかみんな我が家はプルートが好き。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Comment
お疲れ様でした
私は例の遊園地には4回行きましたが、今のシーズンが一番すいてました。

楽しいイベントはないし、寒波にあたったらめちゃくちゃ寒いけど、この受験シーズン、例の遊園地行くなら狙い目なんですよ。

すいてましたか?
(^-^)


私は乳癌で温存手術をしましたが、胸に黒く食い込んだ傷と形もいびつだし、色も放射線治療の為赤黒く、でも温泉が好きなのでよく行きます。

特に隠したりしないで自然にしてると、やはり視線を感じます。

見すぎやろってくらいガン見する人も!

しつこく脱衣場で鏡ごしにずーっと見てる人も!

心の中で
「しばく~」と叫んで、普通にしていますが。(笑)


娘ちゃんも、前よりは、気にならなくなったようですね。
よかったですね。

Re: お疲れ様でした
どうもどうも、こんにちわ!ぽちさん。
例の遊園地は、混雑時期からするとありえないほどの空きかたで、アトラクションや
ショー共に非常に快適に利用できました。待ち時間は短く、ショーの抽選もなく。
寒さを我慢して行く価値は十分にありますね。
まーでも、人ごみはあるわけで、エピテーゼをつけての行動では最多人ごみだったわけで、
まー見つめられましたね。もしかしたらチップ&ディール程度は見つめられたかもしれません。

私も温泉は好きで、手術後も我慢ならず何度も行ってます。
眼窩部にガーゼを張り、眼窩部への水の浸入を防ぐ為シャンプーハットを被り・・。
まあ、自分で見てもちょっとした変質者ぐらいなので、このときは見られてもやむなしなきもする・・・。
ぽちさんも、他人からの視線が気になる状況にあったのですね。でも対応としては立派な対応だと思いますよ(心のなかでしばくー)。非常に良くわかりますw。
まあ、なかには悪意を持った見つめ方の人間もいるでしょうが、あまり気にしないように心がけてます。
慣れっていうのは凄いもんで、家族は最早誰も気にしていないレベルです。

久しぶりにホームページを見せていただきました。
お元気そうで、なによりです。お子さんたちとのご旅行、とても楽しそうで、うらやましいです。
うちの父もそろそろ・・・と思っていた矢先、再発が判明しました。
切除できる場所ではないので、放射線治療と抗がん剤で戦います。
手術から半年たち、弱っていた父がみるみる元気を盛り返し、車の運転も再開して、「これからだー!!」とかいっていたのに・・・。
父が元気になると、癌のやつも元気に・・・。
私の作った料理の栄養を吸い取っていたなんて、許せません!
再び一致団結して、乗り越えます!最後は、重粒子線だー!!
すみません、吠えてしまいました。がんばります。
Re: タイトルなし
こんにちわ、ねこさん。
コメントありがとうございます。
お父様の件、他人事とは思えません・・。
放射線治療と抗がん剤は、自分の経験から言うと、それはそれはきつかったです。
髪は抜ける、粘膜はただれる、唾液等の分泌が悪くなり口が異常に乾燥する、食欲は全くと言っていいほどなくなる、猛烈な吐き気に襲われる等々、非常につらいものでした。
でも、周りの励ましで何とか頑張れました。
つらいことばかり言って、脅しているわけではありませんんので、気を悪くしないでください。
ただ、もし治療中にお父様が、くじけそうになったとしたら、やさしい対応をお願いします。
自分の経験上、「食べなきゃだめだ!」「寝てばかりいちゃだめだ」「ふさぎこんでいちゃだめだ」等々言われたりもしましたが、本人がいちばんそう思っているはずなんです。ただ、本当にそうしているしかできないほど、心身共に消耗している状態何だったと思います。
治療がうまくいくことを願っております。
追伸ですが、重粒子線や陽子線の治療を考えていらっしゃるようなので、早めに状況等だけでも、該当機関に相談しておかれた方がよいかもしれません。
私の場合、放射線治療後ということで、重粒子線治療は不可という判定でした。
結果、外科手術となりました。
ただ、日進月歩の治療なので最新状況はどうなのかはわかりませんが。

長々とすいません、他人事とは思えなくて・・。
ねこさんはも大変でしょうが、頑張ってください。
再発治療について
はじめまして。
かわいさ満点のお子さん達の様子や、手術後どんどん元気になられたまささんの様子、いつもとても楽しく拝見しています。5歳のお誕生日の写真最高ですね!!

ところで、ねこさんのコメントに再発治療の記載があったので
初めてコメントを書かせて頂きます。

私の家族は上顎洞癌の動注抗がん剤治療+放射線治療後、しばらく経った後に再発診断を受け、陽子線治療+動注抗がん剤治療を受けました。
放射線治療実施後だったので、陽子線の照射回数に制限はあったものの、手術は適応外との診断でしたので、この治療法を選択せざる得ない状況でした。
最初の治療に比べると再発時の治療は患者本人の負担(副作用)は遥かに少なく、今のところ経過も順調です。
再発時の治療内容については「上顎洞癌になった日から」というブログに同様の治療を受けた方の詳細が記載されていたので、宜しければ一度ご覧ください。(既にご存知かもしれませんが・・・)

お互い再発の不安や副作用、後遺症の悩みはつきませんね。それでも病気発覚前に比べ、家族全員かなり強くなれた気がします★
Re: 再発治療について
通りすがりさん?こんにちわ。
放射線+動注後に陽子線治療をしたんですね。
自分が再発時は、主治医以外の(他医療機関)の医師にも意見を聞いたんですが、
再発症状の急激さや、放射線治療後ということで不可能との見解でした。
ただ、その後のTV番組等でも見ましたが、OKなケースもありみたいな・・・
そうだとしたら、眼球摘出なんてしなくともどうにかなったのでは・・・何てこともよぎったりもします。
貴重な経験のコメント、情報をありがとうございました。
はじめまして!
私も見られますね~。私は耳下腺がん⇒顔面麻痺です。
この前、子ども達の中に行ったら、男の子に囲まれてしまいました!もはやアイドルです!ついサービスして来てしまいました(笑)

「チップ&デールくらいは見られたかも...」には笑いました! 私も今度そのセリフ、使っていいですか!?(^^)v
Re: タイトルなし
こちらこそはじめまして!うおんさん。よろしくお願いします。
チップ&ディールはどうぞフリーでお使いくださいww

保育園に子どもを迎えにいくと、ほぼ毎回いろんな園児に質問攻め・見つめられまくりです。
もう、いちいち説明するのもめんどくさいし(理解できないと思う)なので、「ぶつけてケガしたんだよ」ということにしています。

すると・・・なななんと、理解している我が息子まで、「パパ、ぶつけてそうなったんだよねー」と。
いやいや、キミはわかっておいてくれよ状態でした。
つくづく、子どもに対しての病気の説明の難しさを感じたというか・・・お前まで騙されんなよ・・・というか・・・でした。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。