HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  回想  »  回想11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想11

不定期連載w回想11回目。一回目の治療回想の最終回です。
2009年1月下旬。動注4回目終了後は、だるさ吐き気ともひどく、体重も入院時に比べ-15Kg。
放射線治療も終盤に差し掛かり、口のなかの痛み、鼻血がひどい状態。
病院食はほとんど食べることができないほど、食欲は低下していた。

一連の治療が終了に近づき、入院時にあった左目付近の腫れは治まり、平常時と同じ状態にまでなっていた。
痛み止めのせいもあるだろうが、癌の痛みは感じなくなっていた。
代わって、放射線治療のためか、左目が乾燥しているような感じとなり、北海道の寒い寒いこの時期、外気に当たると目を開けていることなど不可能であり、顔の左半分が痺れるような感じであった。
退院も近づきつつあり、痛み止めの麻薬パッチも徐々に減量していっていた。
これがまた辛いというか、なかなかにキツイ・・。
麻薬系だけあって、退薬症状が結構凄く、なんていうかいてもたってもいられないというか、じっとしているのが辛いというか、でもだるくてしょうがなく気持ち悪いみたいな・・・なんか結構凄い感じでした。
麻薬を使用したことはありませんが、禁断症状とかはさぞ凄いんだろうなーと思わされるようなものでした。
退院時の最終のMRI検査を退薬症状と思われる症状の為、受診する事ができなかった(身体を固定されて長時間寝ていることが不可能だった・・・)。

なんやかんやで2月中旬に何とか退院することができ、自宅療養となる。
約3ヶ月の入院・・・やっぱり自宅の方がはるかに精神的には良かったが、退薬症状、放射線&抗癌剤のダメージでほぼ寝室にいるような状態でした。
食欲は以前なく、食事時に口を開けると痛みを感じる状態であった。
なんでかはわからないが、風呂に入ると一連のだるさや、左目の違和感が多少緩和され、一日に何度も入浴したりしていた・・・。
何とか身体を動かし、体調回復にと思い、3月上旬頃に健康なら歩いて7~8分ぐらいの近所のスーパーまで行ってみたが、
何とかたどり着きこそしたものの、そこまで歩くだけで必死であり、脂汗とも冷や汗ともわからぬものが噴出し、本気で帰りはタクシーに乗らないと帰れないと思うほどであった・・(休憩し何とか歩いて帰ったが・・)。
一応、完治したであろうという形で退院したが、体調はなかなか上向くことは無かった。
3月下旬ごろになるとそれでも少しずつではあったが体力の回復を感じつつあったが、それと共に左目の違和感が大きくなり、4月上旬には少し腫れだし、時々痛みもあった。
後遺症的なものだろうと思っていたが、2009年4月中旬よりの再発(というか完治していなかった)につながって行くのでした。

ちなみに私と同じ治療(動注4回、放射線照射70グレイ)で、とりあえず完治しなかった(再発は含まず)人は、主治医の話では、治療を途中で中止したり、規定回数未満で終了したりした人を除くと私以外にはいないという、ええーっ!という不運さ(運とかっていうのは好きではないが)でありました・・・。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Comment
そうでしたか。
今までの経緯がこれで分かりましたよ。私も退院してきた時はヘロヘロでした。
大変でしたね。
本当に大変でしたね。

私も12センチもの腫瘍=癌で手術を受けましたが、病気発覚から術後の経緯どれも まささんの方が大変でしたね。

腎臓がンの私と比べるものではないけれど、
まささんは、本当によく頑張ってこられましたね。
きっと、私なら挫折して頑張る気力もなくなっていたでしょう。
ホント、凄いです!


きっと、これからは回復していかれるばかりだと願っています。 いえいえ、こんなに頑張っているんだもん!
絶対に今まで以上にどんどんよくなるに決まっています。

これからも無理しすぎないように^^ 応援しています。
Re: そうでしたか。
こんにちわ、なおとさん。
その節はご心配をおかけしました。
いやー、放射線+抗癌剤は本当に身体に大ダメージでしたね・・・。
自分自身で思い返しても、ちょっと嫌な気持ちになるほどです。
回復した現在の状態を維持したいものです。
Re: 大変でしたね。
SORAさんこんにちわ。
いやいや、どちらが大変だったとかは無いと思いますよ、SORAさんだって色々大変だったでしょう。
お互い、回復してきているんですから、より良い?(楽しく?)日々を送って行きたいもんですね。SORAさんのブログもちょくちょく拝見させていただいてますよ(^o^)/
前人未踏の難ルート越えでしたね!
こんにちは、お雛祭りも終わって
少し暖かくなってきましたが、いかがですか。
『回想』何回も読ませて頂き、コメントしたいと思っても、
あまりにも越えてこられた戦況が激し過ぎて、
言葉になりませんでした。
私も動注(試みて血管が細いため断念し全身化学療法)、
放射線治療、手術3回など、それ以前の自分から考えると、
驚くような体験をし、全力を振り絞らないと耐えられない状態を、
よく乗り越えられたなあと思いますが、
剱岳(例えが大きすぎですが、私にとってはという意味)と、
エベレスト以上の、前人未踏のルートの無い
登頂との隔たりがあると思いました。
焦らずに、せめて2年間の傷病手当のある期間中だけでも、
ゆっく-りなさって下さいね。
Re: 前人未踏の難ルート越えでしたね!
inkさんこんにちわ。
コメントありがとうございます。久しく更新していなかったので、ありがたいコメントにびっくりしました。
闘病に関しては、人それぞれみんな厳しい戦いをしていると思うので(inkさんだって相当厳しい戦いだったと思います)私だけが厳しかったわけでもないと思いますが、なんかそんな風にいたわって頂けると、正直嬉しいです。
ブログも怠けず、同様の症状の方にむけ微力ながら情報を提供することもできればいいなーと
改めて思いました。

お久しぶりです
お元気ですか?
桜の終わる季節なのに寒い日がつづいていますが、おかわりありませんか。
娘ちゃんと息子ちゃんも元気かな~
(^-^)
Re: お久しぶりです
お久しぶりです、ぽちさん!
更新しなすぎて、心配をかけてしまったでしょうか?
申し訳ないです、私は心身共に問題なく日々過ごしております。
ブログも怠けすぎないように近々更新したいと思ってます。
ありがとうございます
去る1月下旬に父の上顎癌T3が発覚し、この連休明けに摘出手術をします。
本人はもちろん、私達家族も不安でいっぱいでした。このブログに出会うまでは。
父の場合、目は残るそうですが、上顎は半分がなくなります。上段の歯も。
エピテーゼについてですが、実際に装着した姿を見られるサイトはなかなかないと思うので、とても貴重な情報だと思いました。
そして、あなた様の手術後の気持ちの変化を感じ、勇気をもらいました。父もそのように乗り越えてくれたらと…。
今後もお仕事の件など、課題は尽きないかもしれませんが、愛するご家族の皆様とともに乗り越えていかれることと思います。
一言、感謝の気持ちを伝えたくて遅ればせながらコメントさせていただきました。
Re: ありがとうございます
なおみさん、こんにちわ。
お父様が手術ですか・・。まわりのご家族も大変でしょうが、サポートしてあげてください。
私も、周りのサポートが無ければ逃げ出していたんじゃないか?と思い起こします。
私は、手術前が一番不安でしたし、悲観的でした。それに比べると術後は、諦めというか、達観というか、まあすんじゃったものはしょうがないというか・・とにかく手術前よりは気持ちは上昇しました。 そう考えるとお父様も、もしかしたら今が一番気持ちが下がっているのかもしれませんが・・。
ブログを見ていただいて、感謝なんていわれると、恥ずかしいやらなんやら・・・。
いやなんか役に立てて頂いたみたいで、こちらこそありがとうございます。
まあ、でも上顎癌の情報って言うのも意外に少ないので、ブログで色々報告するのも役に立つこともあるんですね・・。
手術
まささん、こんばんは。
父はまだ手術中です。術前の説明で可能性として言われていたのですが、結局、左目も取りました。左上顎全摘で左目眼球もなくなり、耳鼻科で目を大きくガーゼで覆っている人を何人か見かけましたが、顎も目もという人はまだ見かけません。それでもこれで完治できるので、家族としてはありがたいと思います。入院していると、もっと大変な人はたくさんいらっしゃいますし。
今、形成の先生が背中から広背筋と肋骨の一部を移植する手術をしているところです。明け方に手術が終わる予定で、お昼前にはICUから個室に移動します。大手術なのに、なんだかすごいです。
まささんのおっしゃる通り、手術前が一番辛いのかも。手術前日と当日には、普段の父らしく、落ち着いたように見えました。
喋る、食べるができないのは不便ですが、リハビリでかなりのレベルまで戻るようです。一年後には義眼も入れてもらえるそうです。残った目が、昔、網膜剥離の手術をしているので、ちょっと心配ですが。
ちなみに移植に使う筋肉は、通常、腹部から取ってくるのですが、父の場合、胃潰瘍で開腹手術をしているので、背中から取ることになりました。
父は私が生まれてから三回もそれぞれ別の病気で入院と手術を経験しています。そのお蔭で母や私達が大病せずにいられるのかしらと思ってしまいます。

まささんもそろそろ再建手術をされるのでしょうか?
急に暑くなりましたので、どうぞお体お大事に。
Re: 手術
なおみさん、こんにちわ。
当初の予定より、大変な手術になったようですね・・。
術後は順調に経過してますでしょうか?そう願っています。
形成の手術も同時に行ったのですね。私の場合は、あまりにも急激な癌だとのことで、経過観察が、どうしても必要だとの判断で、再建手術はとりあえずせず、眼窩部はまるあきの状態です(内側の部分に皮膚移植はしてます)。おそらくもう暫くしてから、再建手術となると思います。もう手術は嫌ですが・・・。
とにかく、お父様は色々とストレスがかかると思います、自分も片目の視界という物になれるまでは、気持ち悪くなったりもしました。ましてやそれに咀嚼等の問題もあるとなると、やはり私なんかよりも大きなストレスを感じると思います。
家族の励ましは大きな力になると思いますので、なおみさんも大変でしょうが、頑張ってください。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。