HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  膵臓癌  »  医師の説明・親族会議・激励会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医師の説明・親族会議・激励会

11月22日東京より姉夫婦、実家より両親がきて医師からの説明を聞きました。
やはり手術は現状不可能でした。場所が悪すぎると。
大学病院でできる治療は全身抗癌剤治療のみ。
担当医師も色々と情報を教えてくれましたが、やはり確立されていない治療等に関しては、可否をいえずといった感じでした。

効果があればOKですが、もう少し他の道も探りたい・・。より良い治療を求め。
その後の親族会議で、重粒子線治療の可能性を求めること、動注療法を行っている病院にいき治療実績や対応症状なのかの確認を早急に取るとの方針がまとまりました。とにかく迅速に一丸となって行くぞー!と。

その後は、せっかく東京から来てもらってるんで北海道の美味しいものを食べ、飲みながらの激励会となりました。幸いまだ酒は美味しく飲めてます。 

23日からは画像と紹介状をもらいにいく、資料集め、動注に関しての診察と忙しく過ぎていっています。
当事者たる私は当然ですが、姉夫婦、両親、そして妻とそれぞれが色々とサポートをしてくれることに感謝の気持ちでいっぱいです。

子供に対してはは父親としての色々はある程度は、できているような気がしていますが、身内の人々の色々なサポートをもらうに関し、自分は果たしてそこまで良い子であろうか?良い弟であったのだろうか?良い夫であったか?と申し訳ない気持ちなんかがわいてしまいます・・。まあ上手く伝えづらいニュアンスなんですが・・。

まあ、でもとにかく今は乗越えていくことを第一に考えて、より良い可能性を求めることに集中したいと思います。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
プロフィール

D.まさ

Author:D.まさ
40歳になっちゃった・・。
上顎癌になったのが37の秋、左眼摘出手術をしたのが38の春。
一安心していた39歳の秋に膵臓癌発病。手術不可能で重粒子腺治療。
経過は良好のはずたったが術後一年の2012年1月局所再発。さらなる治療に・・・
頭頸部の動注療法+放射線さらには摘出外科手術。
膵臓癌の重粒子線治療、抗癌剤治療。
病気後の日常、闘病、治療のブログ。
負けねーぞ、まだまだ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。